Blog

屋久島Rie旅~緩んで自分に還る~

ブログ

ネグロス島で始まったRie旅。

2019年年末にネグロス島から帰国し、次に渡航する予定は2020年4月でした。

 

2020年世界が行き来できなくなり

”縁ある場所で現地の人と場を繋げる旅”を日本で出来ないかと考えました。

 

そんな中、2020年7月に友人がネグロス移住から

元々住んでいた屋久島に戻ることとなりました。

 

彼女は元々宿をやっていました。

8月に屋久島に行き”ローカルの屋久島を体験”し

10月に初めての屋久島Rie旅を始めることになりました。

 

《2020.10屋久島Rie旅》

<DAY1>

東京・神奈川・埼玉・兵庫・福岡から屋久島に集合。

滝で屋久島のエネルギーを感じます。

地元の人が集う温泉へ。

お世話になる宿の家族、ガイドの家族とBBQ。

火を焚いてくれたのは家族の子どもたちでした。

 

<DAY2>

鳥の声・島の風の中、朝ヨガ。

森に入り、水辺のガジュマルに会いに行きます。

映りこんだ光は虹色でした。

ランチは外でモッチョム岳を眺めながらのんびり。

午後は”あなたの過ごしたい時間”を選びます。

A.SUP

自分で漕いだり、自然の流れに身を任せたり、どちらも感じます。

B.森林セラピー

森の中で感覚を味わいます。

C.海辺で過ごす

ただただ海辺で思い思いに子ども過ごします。

 

<DAY3>

この日も過ごしたいように過ごす1日です。

A.屋久島と言えば!の本格的トレッキング

歩めば着く、道は開ける、そして地球の循環を感じます。

B.屋久杉ランドでゆったり話す

屋久杉と河原の自然の中でお弁当を食べ語らい

リラックスの中から本当の想いを共有します。

夜は居酒屋大将で地元の”美味しい”を堪能!

 

<DAY4>

朝陽を味わい

夫婦ガジュマルのいる神社で屋久島とのご縁に感謝。

 

大自然のエネルギーを感じ

自分のwantに沿い

ただただ感じシェアする日々。

 

日常の役割から離れて

自然の中で地元の人たちと触れ合い

初めましてのゲストとリラックスの中

感じたままをシェアし自分に還る。

 

涙する人

自分の想いに気づく人

この旅をきっかけに転機を迎えた人

様々です。

 

緩んで自分に還る旅。

屋久島という日本であり少し違う日常のある場。

 

旅の後は

日常へ屋久島での感覚を一緒に持って帰ります。

 

 

Copyright© Spiral communication , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.